過払い金請求をお考えの方 | 過払い金・借金問題のことなら東京ミネルヴァ法律事務所

東京ミネルヴァ法律事務所
代表弁護士 川島浩(第一東京弁護士会 弁護士登録番号43058)
全国対応可!
過払い金の調査依頼も無料で対応しております。
過払い金請求をお考えの方
  • HOME
  • 過払い金請求をお考えの方

過払い金請求をお考えの方

過払い金返還請求とは

「過払い金」とは、法律で定められた利息の上限を超えて請求された「払い過ぎ利息」のことです。
過去、消費者金融などの貸金業者の貸付金利は、契約において法定利息を超えて余分に請求していました。この払いすぎた利息のことを「過払い金」と言い、すでに完済した後であっても、貸金業者に対して返還を求めることができます。
過払い金返還請求は、法律でも定められた正当な権利の為、早急に返還請求すれば、過払い金を取り戻すことができます。

利息制限法

貸金業者等がお金を貸す際、その利息は業者が上限なく自由に決定できるわけではなく、「利息制限法」という法律により、貸付利息は『上限15%~20%』と定められているのです。
通常、取引限度額は10万円~100万円くらいに設定されているケースが多いです。
もし、あなたの現在・過去の明細書にて、「利息」が23%~29%に設定されている場合、上限18%との差額分をグレーゾーン金利と呼び、「過払い金」になります。

利息制限法の上限金利
貸金 上限金利
10万円未満 年20%
10万~100万円未満 年18%
貸金100万円以上 年15%
利息制限法の上限金利

過払い金返還請のメリット

  • 払いすぎたお金が戻ってくる
  • 利息付きで返ってくる可能性がある

過払い金返還請のデメリット

  • 過払い金請求をした業者のカードが使えなくなる可能性がある
    ※ブラックリストには載らないの?
    完済した借金の過払い金返還請求であれば信用情報への影響はありません!

過払い請求ができる人って?

上限が定められているにも関わらず、最近まで、各大手「消費者金融」や各「クレジットカードのキャッシング」等、ほとんどの消費者金融、信販会社、クレジットカードのキャッシング機能が法定利息に上乗せして利息をとっていました。
現在借り入れをしている方、または過去に(すでに完済)借り入れをした経験のある方であれば、これまでに「払い過ぎた利息分」が減額されるか、もしくは「払い過ぎた利息分」が戻って来る可能性があります。

過払い金が発生しているのかどうすれば分かるの?

貸金業者から取引履歴を取り寄せて、引き直し計算を行う必要があります!
まずは、私ども弁護士にご相談ください!

過払い金が発生しているかどうかは、貸金業者から取引履歴を取り寄せて、引き直し計算をすることにより判明します。専門的な作業になるため、まずは私ども弁護士に相談し、手続きを代行してもらうことをお勧めします。
なお、ご依頼前に具体的な過払い金を確認されたい方は、ご自身で取引履歴を取得され当事務所の引き直し計算システムなどをご利用され、計算することも可能です。

過払い金にも時効があります!

完済日から10年以上経過している場合には、時効によって過払い請求が出来なくなりますので、ご注意を!

あくまで、時効が10年というのは借金をした時点ではなく、借りたお金をすべて返済し終わった時点となりますので、お早めにご相談頂くことをお勧めいたします。

例:ある業者と5年間取引し、9年6ヶ月前に完済した ⇒ 5年分請求可能
例:ある業者と5年間取引し、10年6ヶ月前に完済した ⇒ 請求不可能

業者が倒産しても返ってくるの?

倒産した貸金業者からは、過払い金は帰ってきません!

過去に借り入れのあった方、過払い金に覚えのある方は、貸金業者が倒産する前に、弁護士にご相談されることをお勧めします。

過払い金返還請の流れ

過払い金返還請の流れ

過払い金返還請のご相談

一人で悩んでいませんか?

ご相談は何度でも全国 無料!!報酬の長期分割も可能!!
ご家族・会社・知人にも内緒で解決できます。
あらゆる消費者金融の対応に自信をもってお応えします!!

「払いすぎ分を取り戻す」「利息を引き下げる」「業者の催促を停止する」「支払いを減額する」私たちにおまかせください。皆様のために一切妥協しません!!